非結核性抗酸菌症そらりす

非結核性抗酸菌症の患者の日常・投薬歴・入院歴です

眠れなかったので、夜中に映画をみた

連休中、漢方薬局の薬剤師さんが出張中なので、休み明けの火曜日に次の薬の相談をすることに。CRPの値が上がってしまったし、これからどうすればいいのか…

 

考えてもしかたがありません。とはいっても眠れなくて、夜中にケーブルテレビでやっている映画がおもしろそうだったので、つい観てしまいました。

 

元殺し屋のじいさんの話のようで、このじいさんの姿がなんかすごくいい!ベンチで座っているだけでもなんかいい!

 

途中から若者が出てきて、この二人の話になっていくけれど、若者にそれほどの特徴もないので、じいさんだけのほうがいいな、と思ってみていました。

 

舞台はポーランドワルシャワで、東ヨーロッパ的な暗めの空気感が魅力的。ちょっと中だるみはあったけど、物語の後半は予想外の展開だったし、おもしろくみられました。

 

タイトルも知らず、なんの先入観もなく観たので、あとで検索してみたら、タイトルは「暗殺者たちの流儀」。

作品のひき文句を読んで「え?」と思いました。

伝説のスナイパーと若き後継者、そしてひとりの娼婦。3人の運命が美しきワルシャワの街で、激しく交錯する。実際の事件をベースとしたスナイパー・アクション。

うーん、言葉の上ではあってるよ。間違ってはいない。でも、ちょっと違うんじゃないかなあ。娼婦はたしかに出てくるけど、それほどストーリーにからんでくるわけでもないし。アクション映画としてはかなり地味だし。

 

そして、ポスターを見てまたびっくり。これじゃあ、スタイリッシュなアメリカ映画を期待してしまう。

 

先入観なしで観てよかったです。このひき文句とポスターを見てから映画をみたら、かなりがっかりしたと思います。

 

画面の独特の暗いムード、空が重くて低いような抑圧感、時折感じられる社会に対するまなざしの複雑さ…これが味わえる人にはおもしろい映画だと思います。

 

もうちょっと作品によりそったポスターやひき文句にしてほしいなあ。とりあえず、ミスリードでも、お客がはいればそれでいいと思っているのかな?

 

じいさん主役じゃあ、客がはいらないだろう。

女っけがないと客がはいらないだろう。

いわゆるつきの(アメリカ映画っぽい)ミステリーらしさがないと、客の食いつきが悪いだろう。

 

そんな思惑が見え隠れするような宣伝の仕方をしないと、客がはいらないのでしょうか。たしかに、私もケーブルテレビで見てるだけだし。さして金を落とさない客ではあります。

 

なんとなく、世の中がマーケティング的おりこうさんでいっぱいになってしまったようで、私はさみしいです。

 

むやみやたらに映画が好きな映画バカだの、むやみやたらに小説が好きな小説バカだの…そういう人たちもマーケティングの網にひっかかる魚の一匹にすぎないんでしょうか。

 

さみしい。さみしいったらないよ…

 

 

 

 

 

 

 

 

診察日でした

昨日は診察日でした。

 

病院はみょうにすいていました。午後の予約なので、普段から混んではいないのですが、昨日はとくに少ない様子。

 

これはやっぱり、コロナウィルスの関係で診察を見合わせた人が多かったのかな?と思いましたが、それにしては掲示板にはけっこうな人数の受付番号が表示されています。そして、三々五々、外から患者がはいってきます。

 

ああ、これはコロナのせいではなくて、最近はじまったばかりのスマホの呼び出しサービスのせいだと気がつきました。診察時間が近くなったらスマホにメッセージを入れてくれるサービスです。

 

このサービスを利用すれば、病院内のカフェにいることもできるし、病院近所のコンビニにいくこともできる。とても近所の人なら家に帰ることだってできます。

 

なにせ私の経験では最長3時間半待ちでしたからね…もう待合室のソファで寝ちゃおうかな、と思ったくらい。いいサービスができたなあと思います。

 

患者の待ち時間対策として作られたこのサービスのおかげで、結果的には待合室がスカスカに。今のような感染症対策にもひと役かっているんじゃないでしょうか。

 

ハイテクあってよかったなあ、と感心しているうちに診察の順番が回ってきました。先生は普段と同じマスク姿。まあ、あまり変わったことはありません。

 

肝心の検査結果はというと、CRPが、せっかく先月3だったCRPが、4.5になってしまいました!悪化した。ああ、ショックだ…!

 

 

 

もうすぐ診察日

もうすぐ診察日です。予約どおり病院に行こうと思っていますが、コロナウィルスのことを考えるとちょっとためらう気持ちになります。

 

10日分くらい薬の余裕はあるから、10日後くらいに予約し直す手もあります。でも、10日後なら事態が変わっているかというと、たぶん、そんなには変わらないでしょう。

 

加藤厚労相のイベントに関する会見でも、手洗いとか、アルコール消毒とか、言っていることは今までと同じです。注意すべきことがらはインフルエンザや風邪とさして変わりはありません。こう行動すれば感染を防げるという新たなポイントも特になし。

 

こうして、効果のほどが目にみえない地味な対策をつづけるしかないということですね。

 

 

明日の検査はどう出るのか、いつもいつも不安ではあります。CRP改善していたらうれしいなあ。 

 

 

 

アセトアミノフェンをやめてみた。それとなぜか国語力のハナシ

毎日あたりまえのように飲んでいたアセトアミノフェンをやめてみることにしました。

 

以前、漢方薬局の薬剤師さんにやめてみるよう言われたことがあります。その時は、やめたらすぐに発熱してしまったので、結局アセトアミノフェンはつづけることに。そのまま何か月かたちましたが、思いついてやめてみることにしました。

 

ここ何日かアセトアミノフェン断ちの状態です。心なしかなんとなくしんどい気もします。息苦しさは変わらず。熱をマメに測ってみると、食後に少し上昇。そのときは寒気がしますが、40分くらいすると下がります。

 

結論からすると

アセトアミノフェンを飲まなくてもそんなには変わらない」

しばらくやめてみることにします。

 

ひところ、38度台の熱がふいにぶわっと出ていたころに比べればマシかもしれません。ただ、そのころは、今感じている息苦しさはありませんでした。ああ、もう、変な病気だなあ…

 

ところでしばらく前、「日本の学生の読解力が落ちた」というニュースがよく出ていました。例文が出ていて、確かにこれが出来ないってつらいレベルです。読解力だけでなく、国語力そのものもあやういのではないか、という意見も目立ちました。

 

ええ!こんなんでこれからの日本は大丈夫なんだろうか?

 

と不安になりつつ、ふとパートの職場を思い出しました。すると、読解力はともかく、国語力にかんしては「もしかして昔からそんなもんだったかも」という疑問が頭をもたげてきました。

 

私が行ったパート先がたまたまそうだったのかもしれませんが、まず、配られてくるお知らせの書類の誤字・脱字がなかなかすごいレベルでした。

 

ネット時代になって、マスコミの校正レベルだって甘くなっているから、しかたないのかな?と思いたかったけれども、そんなものではありませんでした。ワードのスペルチェックでひっかかるような、てにをはの間違い、漢字の間違い、いつもたくさんありました。

 

パートはときどき研修だといって、本社の一室に集められます。学校の生徒みたいに立ち上がって資料の書類を順番に読まされるわけですが、その書類も間違いだらけ。これを正しく読んだらイヤミなんだろうか、それとも何も気づかないふりをしてそのまま読んでしまったほうがいいんだろうか…

 

係長や課長も漢字の読めない男性が多く、パートのおばさんにルビをふってもらったりしていました。口跡が悪いのか何を言っているのかよくわからない係長の言葉をみごとに通訳してくれるおばさんもいました。

 

私よりひと世代上の彼女たちは、同僚や後輩にはきついところもあるのに、なぜか男の上司には甘かったような…それは上司だからしかたなくそうふるまっていただけではなかったような気がします。

 

「オトコは仕事、オンナは家庭、パートはそれを補う程度」という暗黙の了解があったからだろうな…

 

とはいえ、その時点で多くのおばさんがフルタイムで働いていました。「フルパート」という奇妙な言葉があり、離婚経験者や未亡人の多い職場でもありました。それなのに、彼女たちは私の目から見て、オトコたちにあまりにやさしかったような…

 

その後、年齢から言って彼女たちはぼちぼち退職しているかもしれません。

 

となると、漢字にルビふってくれたり、通訳してくれたりするやさしいおばさんたちはいなくなるわけで、おばさんたちが嵩上げした国語力は実力レベルに下がります。それって、今、「低下した、低下した」と大騒ぎされているレベルとあんまり変わらないんじゃなかろうか…

 

それから、これは男女を問わず、書類というものを読むのがイヤだという人たちがけっこういることも、私はパート先で初めて知りました。本を読むのが好きな私からみると信じられない思いでしたが、じゃあ、彼らが仕事ができないかというとそんなことはありません。

 

段取りや在庫管理、接客、問題なくこなします。会話でのコミュニケーションはむしろ得意です。

 

改めて考えてみると、「国語力」って呼ばれて問題視されているものって、「話し言葉」と「書き言葉」のうち、「書き言葉」の能力のことなんでしょうね。だから筆記試験ではかれるわけだし。

 

「国語力=書き言葉」というスケールで昭和の職場を評価したら、そうとうダメダメだったかも。

 

昭和の時代から書き言葉苦手な人がそのままずっといても、私は不思議はないとは思っています。新しく育っていく人たちの中にもそのタイプはいるでしょう。ただ、これからの世の中、それじゃ損なんでしょうね。

 

本が好きで、書き言葉好きで、話し言葉いまひとつだった私は、この病気になって、あまりの息苦しさに、ついにどもるようになってしまいました。いつも行くスーパーのお肉屋さんに「若鳥ぶつぎり300グラム」と伝えるのに、私はかなり一生懸命。300グラムはポーズで伝えます。

 

私の話し言葉のレベルはかなり低くなってしまった模様…まあ、しかたないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカでインフルエンザ大流行。こっちのほうが大問題かも

アメリカでインフルエンザが大流行しています。

日刊ゲンダイ」の情報によると、感染者2600万人、死者25000人。

どこの国でもコロナウィルスにこんなにたくさん感染していないし、死んでもいないから、これって、コロナウィルスより大ごとです。

 

なのに、ニュースでの扱いが小さい…もうちょっと報道してほしいです。しないとマズイよ。

 

子供の感染が多いタイプのインフルエンザらしいし、気になります。アメリカに旅行や仕事で行き来する人は多いと思うし、すでに日本にウィルスがはいってきていても不思議はありません。

 

インフルエンザって慣れてるし、タミフルという特効薬もあるから、なんとなく危険度低い印象があります。

 

 

でも、それは人間の都合であって、ウィルスの都合ではありません。

 

この「都合」って言葉は、私の通っている呼吸器科の先生たちがときどき使います。

「どうして症状が悪化したんでしょうか?」

「菌の都合です。」

苦しんでいる患者として、この言葉で説明されて納得できるか?というとそうでもないんですが、事実として「菌の都合」ってものはあると思います。

 

菌の都合、ウィルスの都合は、ニンゲンの都合と折り合いがよくありません。

 

インフルエンザっていうものに人々が慣れていてもいなくても、コロナウィルスのことばかり気に病んでいようといまいと、ウィルスには関係なく…

 

結局、一般人ができることは今までどおりの予防策しかないから、ニュースとしての新規性やおもしろみはないですけど、もしそういう根拠でニュースをセレクトしているのなら、やめてくれないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはない予防策としては従来どおりするしかないので、ニュースとしての新規性がないから、報道しないのかな?

 

 

感染予防というより、周りへの気遣いのためにマスクしているような感じ

新型肺炎がえらいことになってしまいました。もはやマスクなしの外出なんてありえないって感じです。だから、私もマスクはしてますが…

 

これが、く、苦しい…息切れがひどすぎて5歩くらい歩くと強烈に苦しくなってきます。

 

だから、5歩ごとに立ち止まってマスクをちょっとはずして呼吸を整えます。でも、これじゃあ意味がないんだろうなあ。

 

呼吸器科の先生の話では、人通りの少ない場所や道では、そんなに感染を心配しすぎることはないそうです。やっぱり人ごみ、室内での人ごみに長時間いるほうがリスクとしては高いとか。

 

買い物にもスーパーがガラガラにすいている時間帯に行っているし、もしかしたらマスクなしでもいいくらいかもしれません。でも、今、私がマスクなしで咳き込んだとしたら?

 

外ではめったに咳き込みませんが、いざ咳き込むとなると、とても苦しそうな、どう見ても悪い病気っぽい咳になってしまいます。周りはそうとう引くと思います。

 

「ちがいます、新型肺炎じゃないんです、非結核性抗酸菌症なんです」

 

なんて言ったって、たぶんわかってもらえません。マイナーな病気だからみんな知らないし。移らない病気だと言っても耳にはいらないと思うし。

 

自分の感染予防というより、周りへの気遣いのためにマスクしているような感じだけど、これでいちおう正解なのかな。

 

 

 

クレジットカードで複雑な気分

私が通っている病院、調剤薬局、両方ともクレジットカードが使えます。ポイントが貯まるし、なにより粗忽ものの私にとっては、「うわあ、現金がない、病院に行く前に銀行よってくるの忘れたあ!」ということがなくなるのがありがたい。まあ、事情を話せば近くのATMなりコンビニなり行かせてくれるとは思いますが、オトナとしてはちょっと恥ずかしい…

 

漢方薬局はカードが使えなくて残念です。高額だから、使えるとありがたいんだけどなあ。

 

美容院でも使えないところはあるし、ユーザーとしては、もっといろんなところでカードが使えるといいのにな、と思いますが、お店はカード会社に手数料を払わないといけないので、とくに規模の小さいお店にとってはカード払いはありがたくないらしいです。

 

山形の百貨店が倒産したというニュースをワイドショーで見ていたら、倒産の理由のひとつに、「クレジットカードの利用が増えたこと」というのがあって、すぐには理解できませんでした。

 

どうしてクレジットカードの利用が増えることがと倒産の理由のひとつになるんだろう。現金払いより手数料分売り上げが減ったからって、そこまでの金額ではないだろうし。

 

しばらく考えてピンときました。これって、もしかして、古典落語によく出てくる「勘定がおっつかない」ってヤツ?

 

小あきんどや大工の親方が「つけ」で商品を仕入れて、つまりお金を借りて、商売をする。そのお金の支払いが期日までにできないと「勘定がおっつかない」ことになる。(古典落語だと、おかみさんが着物や帯を質に入れてしのいだりします)

 

クレジットカードで客が決済した場合、カード会社が代金をたてかえて業者に、この場合は大沼百貨店に支払うわけですが、もしかしてその支払いが客が買った当日より何日か遅れるのかな?

 

その遅れがよそへの支払いを遅れさせているのかな?

 

そう思ってネットで調べてみたら、やっぱり「数日遅れる」と書いてありました。

 

この数日の遅れが倒産の理由のひとつになったとすると、ものすごくぎりぎりの経営だったってことになりますよね。百貨店の経営の苦しさについては何年も前からいろいろニュースに出ていたし。そもそも自分は何年も百貨店で買い物していないしな… 

 

職場がなくなってしまった人たちは気の毒です。つぶれそうな会社から早く逃げればよかったと人は言うだろうけど、逃げ遅れた経験をもつ私としては、とてもそうは言えません。

 

消費税増税に伴う軽減税のために政府はキャッシュレスを推進したわけだけど、このクレジットカードの支払いの数日の遅れなんて、システムを作るとき、カウントしていたんでしょうか?

 

してないんじゃないのかなあ?それとも、カウントしたうえで、その程度が耐えきれないゾンビ企業にはいなくなってほしいと思っているのか。

 

私にはわかりません。

 

ユーザーとしてクレジットカードを便利に使いつつ、別のキャッシュレス決済もしてみたいと思いつつ、なんだか複雑な気分です。